ラジオ仕事 ラジオアルバイト ラジオ就職 バンド アニメ 声優 アーティスト

ラジオの仕事をするには?

近年、若手お笑い芸人、アニメ声優、インディーズバンド、アーティストなどのラジオ番組が盛り上がりを見せ、ラジオの世界が再び注目を集めています。それに伴い、ラジオ業界で働きたいという希望者が多くなってきているそうです。

 

長引く不況の折、メディアの世界も非常に厳しい状況に追い込まれています。そんな中、ラジオマンとして仕事をするためには、心も体も強くないといけません。変則的な労働に耐え、様々な種類の業務をこなし、多方向への利権的な気配りもしなければなりません。時流に沿ったたくさんの知識や情報を常に仕入れ、勉強していく姿勢も求められます。

 

ラジオの仕事は確かに、芸能人がたくさんいて、番組では常にいろいろな企画が行われていて、毎日が文化祭のように楽しく、魅力的な仕事に思えるかもしれません。しかしながら、ラジオ業界は就職も、生き残っていくのも大変な世界。とてもシビアな業界であることを理解しておきましょう。

スポンサード リンク

ラジオ業界の仕事内容は?

ラジオの世界においてメインとなるのは番組づくりです。となると、まずあげられる職種は、番組の「制作」になります。制作の中心となるのはプロデューサー、ディレクター、アシスタントディレクター、放送作家、ミキサーといったあたりです。具体的には、プロデューサーが制作にあたって予算の管理から出演者の交渉、放送内容のチェックなど、番組の統括を担当。ディレクターとアシスタントディレクターが、番組の演出。放送作家が、番組の構成や台本作成。ミキサーが放送中の音の調整など。このように、それぞれの職種でそれぞれの仕事を行います。

 

番組は制作スタッフだけでは成り立ちません。番組作りには当然お金がかかります。その資金を出してくれるのが「スポンサー」、つまりは様々な一般企業です。番組の内容や聴取者層を知った上で、自社の宣伝になると判断した各企業がスポンサーとなりお金を出してくれることで、初めてラジオ局は番組を制作できます。このスポンサーを開拓したり、交渉をする役割を担う重要な職種が「営業」です。優秀な営業マンがいる局ほど、優良スポンサーが増え、資金に余裕ができ、より良い番組を作ることができます。ラジオ業界的には裏方かもしれませんが、その存在は非常に大きいものです。

 

また、番組のスタッフや大まかな内容の方向性、それに放送時間などを決めるのが「編成」です。番組の成功のカギを握るのが制作だとしたら、その基盤をつくりあげるのがこの編成といえます。さらには、ラジオ局といっても一般企業の一種であるため、当然、経理マンや総務担当者もいます。DJ、出演者、メーカー、美術やアシスタントなどももちろんスタッフであり、実に色々な人や利権の絡む仕事と言えます。

 

このように、ひと口にラジオの仕事といっても、その種類は実に様々。自分の性格や適性に合った職種を選ぶことが、この世界で長く働いていくために何より重要なことになります。

ラジオ業界の求人事情

ラジオの仕事にも様々な職種がありますが、そのすべてにいえるのが、「タフな人でないと向いていない」ということです。場所によっては、労働時間は不規則、仕事も激務と言われています。ラジオ番組は、多くの聴取者を相手にする商売です。時には、番組批判や局自体の批判を浴びることもあるでしょう。

 

また、給与面において、ラジオ局の正社員であれば一般サラリーマン以上の給与を貰っている人も少なくありませんが、外注、派遣、フリーなど、正社員以外のラジオマンの給料は一般的にとても低く、激務のわりにラジオの仕事だけでは生活が成り立たないレベルの場合もあるそうです。作家などの仕事は能力次第で高給を得られる人もいますが、ラジオ業界で稼ぐには才能も努力も必要な険しい道であると言えるでしょう。

 

また、求人募集については新規募集されることが殆ど無い業界とも言われます。正社員で入社するには高学歴を要求されることもしばしばで、敷居は低くありません。ただ、色々な立場の人が関わる業界なので、間口も一つではありません。作家、アシスタント、構成、マネージャー、編集、ミキサーなど、何かのスキルが優れていれば、ラジオに関わることは充分可能です。デザインやWEBの人員が乏しい業界なので、その辺りのスキルがあれば重宝されるでしょう。

スポンサード リンク



inserted by FC2 system